短期間で糖質オフダイエットとウォーキング

私はもともと食べることが大好きでしたが、結婚式にむけてどうしても痩せなければならず、手っ取り早くできそうなダイエットを探して、糖質オフダイエットをすることに決めました。

グラマラスパッツの履き方や効果を紹介!痩せるか痩せないか購入して検証!

短期間で徹底してダイエットに取り組むために、日々の食事を野菜とタンパク質のみで済ませ、白米やパンなどはほとんど食べないことにしました。

また、食べ物を選ぶときは、食品表示を必ず確認し、糖類が多かったりするものは避けるようにしていました。
ただ、まったく食べないのもストレスになってはいけないので、カカオ含有率の高いチョコレートを1日の分量を決めて、おやつとして食べていました。

食べ物だけでなく、飲み物にも気を使い、糖類こ入ったジュースやお酒は口にしないようにしていました。
そして、あまり好きではなかった運動ですが、ダイエットのために週に4日くらいは1時間のウォーキングを行い、その後に筋肉トレーニングもして、代謝をあげるようにしていました。

そうしたダイエットを続けて3ヶ月、頑張った甲斐があり、約8キロもの減量に成功しました。
そのあとは徐々に食べ物を普通に戻していきましたが、体重もそのままキープできており、やはり、食事制限と運動を組み合わせたことで、うまくダイエット出来たのではないかと思っています。

顔のたるみの原因について

年齢を重ねていくと顔の皮膚がたるんできますよね。

アスハダの効果

今回はそんな「肌のたるみ」の原因について調べてみました。

肌がたるんでしまう原因は様々な要因が重なっていて、特に筋肉の衰えや、皮膚の乾燥と老化が主な原因です。

顔の皮膚の裏には表情筋が多数あり、日常的な表情の癖や、年齢による老化などによって筋繊維が緩むことで顔のたるみに繋がります。

また、表情筋の老化によって実年齢よりも老けて見えたり、シワの原因になったりもします。

皮膚の乾燥は、加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸、水分などの減少で引き起こされます。

それに、皮膚が乾燥すると肌の新陳代謝が落ち、古い角質が剥がれにくくなって、さらに乾燥が進む悪循環に陥ってしまします。

皮膚の乾燥以外にも、紫外線A波による腺維芽細胞の損傷、活性酸素によるコラーゲンの硬化なども肌の老化に繋がります。

これらの肌のたるみの原因は、ある程度予防することが可能で、特に紫外線や肌の保湿等は化粧品や日焼け止めで予防が可能です。

また、表情筋のたるみは日頃から笑顔を心がけたり、表情筋トレーニングで筋力を維持することができます。

肌トラブルを事前に予防するためにも、日頃から「意識」して表情を動かしたり、肌の保湿ケアを行っていきましょう。

YouTubeのダンス動画を実践したら痩せました

10代の頃に比べ27歳になった今ではダイエットをしても思うように体重が減りません。食事制限をしてみても思うように減りません。運動不足もあり、何か良い方法はないかとYouTubeを見ていたら、2週間で-10キロ痩せるダンスの紹介がありました。

そんなはずないだろうと思い、試しにしてみました。

1曲3分程度の音楽に合わせて簡単なダンスをするといった内容でしたが、1回踊ってみると疲れました。簡単な振り付けなのですぐに覚えることができますが、アップテンポが激しいので3分経つ時には息が上がりました。

1曲3分のダンスを30分踊り続けると効果が出るようです。しんどかったですが、全身を使ったダンスなので継続すると本当に痩せるかもしれないと思い始めました。始めた頃は体力がなくて15分が限界でした。普段使わない筋肉を使うのでしばらくは筋肉痛で苦しみました。1週間続けてくると段々慣れて、音楽を聴くだけで踊れるようになりました。

30分踊れるようにもなってきました。2週間続けてみて結果、-10キロまではいきませんでしたが5キロの減量に成功しました。お腹や腕周りも少しスッキリしたと思います。30分続けると、動けなくなってしまうので朝と夜に15分ずつ分けて継続するようにしています。

体力作りにもなって、痩せれるので短期間ですぐに痩せたい人にはおすすめのダイエット方法だと思います。

生活の中で変えたのは飲み物だけ!無理なく自然にダイエット

あまり外に出る生活ができず、家にいることが多くなったせいか、運動量が減り、自然と体重が増加していました。

元々主婦なので、家にいる生活になっても支障はないと思っていたのですが、子供が学校が休校になったり、自分だけだと簡単に済ます昼食をきちんと摂取したり、知らないうちに体重は増えるものでした。

知らず知らず、糖分の多いジュースを飲むのも当たり前になっており、ブラックではないコーヒー、ガムシロップ入りのアイスティーなど、熱中症予防に飲み物を摂取しないと、とは思い、生活の中で飲む飲料を考えてみると、そこからかなり糖分を摂っていることに気づき、それをほとんどやめ、喉が渇いたらお茶を飲む、という生活を始めました。

スポーツドリンクなんかでも500mlのペットボトルには角砂糖5つ分の糖分が含まれています。それを考えると、今まで知らず知らずに摂取していた糖分に驚きます。コーヒーはやめられないのでブラックで、それ以外はほとんどお茶という生活を1ヶ月続けました。

すると、1ヶ月で2kgの減量に成功しました。たかが飲み物ですが、されど飲み物です。こんなに糖分を控えることで、自然とやせるとは思ってもみませんでした。本当に無理なく続けられましたし、ジュースを全く飲まなかったわけではありません。おやつもやめておらず、ご飯の量を控えたり、運動をしたりすることもしていません。手軽に、気軽に、無理なく続けられるダイエットだと思います。

手軽に簡単、階段ダイエット

ダイエットをやろうと思い、運動する時間を取ったり、食べるものを制限したりと色々挑戦してみても、億劫だったり我慢できなかったりで長続きしないということはよくあること。そんなかたでも続けることができるダイエット方法、それが階段ダイエット。特に難しいことはなく、ただエスカレーターやエレベーターを使わずに階段を利用するというだけのものです。

私がこのダイエットをやり始めたきっかけは、自分の働く部署がビルの6階にありましたが、いつも始業時間間近にエレベーターが混むのが嫌で階段を使い始めたことでした。最初6階まで上がるのがきつかったのですが、朝とお昼休み、帰りと最低2往復するうちに慣れてきて、ちょうどよい運動量になりました。すぐには効果はでませんが、フォームなどを気をつけてお尻やもものあたりを意識しながら昇ると、気が付くとお尻が小さくなってきて引き締まった感じがしてきました。

このダイエットのいいところは習慣にしやすいということ。毎日通うオフィスということもあって、逆にやらないと気が済まないという気持ちにもなります。そして慣れてきたら、通勤の駅などもエスカレーターを使わず階段を使うようにするとさらに運動の時間を確保することができます。

ダイエットするうえで重要なのは、習慣にするまで続けることなので、どうしても体力に自信がない人なら「3階までの移動は必ず階段を利用する」など、自分でできる範囲でルールを決めるなどすれば、無理なく続けられるのではないでしょうか。

テレワークが始まってから5カ月で3kg痩せた方法

昨今のご時勢の関係でそれまでは毎日通勤をしていましたが3月からテレワークをしております。

その時の私は事務職でしたので家から駅までは徒歩で10分程度でしたが、後の仕事中は営業さんと違って殆ど歩く事もなく、でもそれでいて15時にはオヤツを食べて夜は飲んで帰ると言う習慣の繰り返しでした。ですので身長が160センチしかないのに体重が70Kgもあったのです。

でもテレワークが始まってからは家で仕事をする様になり、更に運動不足になるのでこれはいけないと考えた私は家の直ぐ近所に1周2kmトラックの公園があるのでそこを走ろうと考えました。だからと言っていきなり走ると膝に負担が掛かるので最初の何日かはゆっくり歩き、その後は500mだけ走ったり、1kmに距離を延ばしたりして最終的に2km走る事ができました。

ただ勿論周りに比べるとペースはとても遅いですがそれでもお天気が良い日は必ず継続する様にしました。そうすると始めてから1ヵ月位すると汗を掻きやすくなり体の調子も良くなり所謂「痩せ体質」になったと感じました。

因みにオヤツなど食生活は変えていないのですが継続して必ず毎日2km走る様にした結果、テレワークが始まってから5か月間で3kg痩せる事ができたのです。

味をしめた私は今でも継続してランニングをしています。